限りない感謝を君に

もってぃと申します。ブログ名は僕の大好きなK-POPグループの曲から拝借しました。感じたこと、考えたこと、趣味、新しい挑戦について書くブログです。

ブログを始めて2週間

こんにちは、もってぃです。

 

今日は有給休暇を取得しています。

午前中に用事が済んだので、残りの時間は、家事もしつつ、今後のブログネタの仕込みに当てたいなと思います。

 

さて本題です。

5月末にこのブログを立ち上げて2週間ほど経ちました。

たった2週間、たった十数記事ですが、ブログを書いてみて感じたことがいくつかあるので、今回はそれについて書きたいと思います。

 

 

ブログを書き始めて感じたこと

1. 日常のあらゆることに興味・関心が湧く

自分自身、元から比較的好奇心旺盛な方かなとは思っていたのですが、ブログを始めたことで、よりいっそういろんなことに目を向けようと感じるようになりました。

 

最近では、「何か書くネタはないか」と電車の中の広告やCMも真剣に見たりしています。

 

また一方で、僕は休日は家の中でだらだら過ごすのが好きです。

何も予定のない日だと、家にひきこもって一人でテレビゲームをやったりしています。

ただ、一日中ゲームというのは非生産的なので、「家の中という条件は変えずにもう少し生産的なことをやろう」と思ってブログを始めました。

ところが、皮肉なことに(?)ブログのネタ探しのために外出したい、外出しなければと感じるようにもなりました。

 

2. 自分から発信するのがすごく楽しい

自分の体験や感じたこと、考えたことを発信するのがすごく楽しいです。

こんなに楽しいとは思いませんでした。

 

僕自身、小学生・中学生の頃は読書感想文や小論文などの「文章を書く」系の課題が苦手で大嫌いでした。

その苦手意識は大学生になっても消えず、大学ではレポートを提出して単位をとる授業よりも試験一発で単位をとる授業の方を多く履修していました。

 

感想文もレポートも「正しい書き方で書かないといけない」というのに縛られて、なかなか手が動かなかったのかなと思います。

また、人から自分の文章の上手さ下手さを評価されるのが嫌だった、他人からの評価を気にしすぎていたのかなぁとも思います。

 

その点ブログは、テーマも書き方も自分の基準で自由に選べます。

書くからには沢山の方に読んでいただきたい、というのが本音ですが、これからも「読みたい」と思った方が読んでくれて、興味なかったら読んでもらえなくても良いという前提で書けるので気が楽です。

 

以上がブログを書き始めてみて感じたことです。

まだ2週間しか経ってないのでたいしたことは言えませんが、ブログは予想以上に楽しいです。

 

今後も継続して読んでもらえるような記事を書いていきたいと思います。

また、ブログを始めたいという方がいれば教えてください。

他の人の書くブログもすごく読みたいです。