限りない感謝を君に

もってぃと申します。ブログ名は僕の大好きなK-POPグループの曲から拝借しました。感じたこと、考えたこと、趣味、新しい挑戦について書くブログです。

「いつか役に立つかもしれないから」という理由では長続きしない

こんばんは、もってぃです。

 

毎日家と会社の往復が続き日々の生活に刺激がなくなってくると、何か新しいことを始めたいと思うことがあると思います。

何か新しいことを始めるとき、重要になってくるのが、それを始める理由・目的です。

これが中途半端だと何事も長続きしないと思うからです。

 

僕自身、最近は新しいことに積極的にチャレンジするようにしていますが、やるからにはそれを継続させたいと思っています。

新しいことを始めたいと思ったのは今に限ったことではなく、以前もそう思ったことは何度もありますし、実際に実行に移したこともあります。

ただ、以前にチャレンジしたことはどれも長続きしませんでした。

 

純粋に自分が楽しいとか好きだとかいう理由で始めたわけではなく、「いつか役に立つかもしれないから」という理由だけで始めたために、長続きしなかったのだと思います。

 

例えば資格の勉強。

僕は以前、簿記の勉強をしていました。社会人になって約半年経った頃だったと思います。

「社会人になったし簿記の勉強くらいはしといた方がいいかな、それに簿記の勉強をしておけば将来役に立つかもしれない」

簿記の勉強を始めたのはそんな理由です。

最初こそ一生懸命続けていたのですが、途中から「簿記を取ったとしてもいつどんな場面で使うんだ?今の仕事でも使う機会はほぼないのにやる意味あるのか?」と考えるようになり、いつのまにか勉強はやめてしまっていました。

 

「いついつのこんな場面で必要だから」とか「いついつのこんな場面に活かしたいから」というように、ある程度それを使う場面を明確にイメージできているか、勉強そのものを趣味のように「楽しい」と感じられなければ、長続きはしないのだろうなと思います。

 

今後新しいことを始めたいと思ったら、「いつか役に立つかもしれない」ものではなく、自分がそれを活かしている場面を明確にイメージできるもの、もしくは自分が純粋に楽しめるものに積極的にチャレンジしていきたいと思います。