限りない感謝を君に

もってぃと申します。ブログ名は僕の大好きなK-POPグループの曲から拝借しました。感じたこと、考えたこと、趣味、新しい挑戦について書くブログです。

サッカー選手の自伝

こんばんは、もってぃです。

 

日本代表が敗退してからも相変わらずワールドカップは観続けています。

昨日準決勝第1戦が行われフランス代表がベルギー代表に勝利しました。

そして今朝第2戦が行われクロアチア代表がイングランド代表に勝利し、決勝進出の2チームが決まりました。

大会前から優勝候補に挙げられ順当に勝ち上がってきたフランス代表が優勝するのか、延長戦続きでもしぶとく勝ち上がってきたクロアチア代表が優勝するのか、16日の決勝戦が楽しみですね。

 

さて、本題ですが、僕は今、そのワールドカップで活躍している選手の自伝を読んでいます。

(どこまで自分自身で執筆しているのかはわかりませんが、)結構な数のサッカー選手が自伝を書いていて、読み始めるとなかなか面白いです。

今タイムリーで読んでいるのは、フランス代表の7番アントワーヌ・グリーズマン(グリエーズマン) の自伝です。

今やってるワールドカップでも活躍しています。

 

f:id:tvxq153869:20180712210427j:image

 

今日はサッカー選手の自伝に書かれている内容で、個人的に面白いなと思う要素をいくつか挙げたいと思います。

 

1. その選手の過去の体験

現在世界の第一線で活躍する選手の中には、壮絶な過去を持っている人もいます。

「家が貧しく、小さい頃からゴミ拾いの仕事をして家計を支えていた」とか、「ユーゴスラビア戦争で祖父を亡くした」などです。

また、壮絶な過去とまではいかなくても、「小さい頃は身体が小さく、それが理由でトライアルに落とされまくって絶望した」など、今大活躍している選手も決して順風満帆ではなかったんだなというのがわかります。

それで、そういうのを読んだ後に改めてその選手のプレーを見ると、「あぁ、だからこんなに闘争心剥き出しなんだ」と納得がいくこともあったりして少し見方が変わったりもします。

 

2. 私生活

自分の好きな選手の私生活を知るのも楽しいです。

南の島でバカンスを楽しんだり、ナイトクラブでワイワイ騒いで過ごしてるのかと思いきや、「オフの日は家にこもってゲームしたり、映画を観たりしている」など、実際はやってることが自分とあんまり変わらなかったりすると、その選手に親近感が湧くこともあります。

 

3. 考え方・生き方

僕は巷に溢れている、知らない人が書いた自己啓発本は全く読みません。一方で、この歳になっても、自分の好きなサッカー選手の考え方や生き方には影響を受けやすく真似したくなるタイプです。

結局「何を言われるか」より「誰に言われるか」なんだなぁとも思いつつ、選手の考え方や生き方を知ることができるのが、自伝の楽しみの一つであったりします。

 

 

メスト・エジル自伝

メスト・エジル自伝

 

 

 

LIFE アンドレス・イニエスタ自伝

LIFE アンドレス・イニエスタ自伝

 

 

 

今日は出張で泊まりで新潟まで来ていますが、ホテルで特にやることもないので、グリーズマンの自伝を読み耽ります。